第10章 9.感情とワーキングメモリー