第9章 4.問題をめぐる対話から例外の対話へ