第14章 4.違いを活かしてプラス効果を引き出す、学習のまとめ